産業医について

産業医活動について

事業所は、労働者の安全や健康に注意しながら働けるように配慮しなければならず、50名以上の労働者を雇用している事業所は、支店であっても産業医を選任しなければなりません(「労働安全衛生法」による)。
当院は、産業医としての活動も積極的に展開して参ります。さまざまな企業・事業所で働く方たちの健康を守るとともに、産業医としての立場から、職場環境の管理と改善のお手伝いをいたします。
具体的には、健康診断や健康相談を行う、職場に問題が無いかを定期的に見て回る、各職場の代表者と話し合いをする、などです。
専任の産業医を依頼したいとお考えの経営者、ならびに福利厚生担当者の方は、ぜひ一度、ご相談ください。

産業医:事業場において労働者の健康の保持・増進に努め、衛生管理者とともに職場環境の管理を行い、労働と健康の両立を図る職務を有する医師です。

産業医の役割

産業医は、労働者が毎日元気で働けるよう、健康づくりのお手伝いをいたします。
会社にとって、従業員が心身ともに健康で、元気に働いてくれることは何よりも大切なことです。病気で休む従業員が出れば、それを誰かがカバーしなくてはなりませんし、その人にしかできない仕事があれば、顧客に迷惑をかけ、会社の信用にも関わります。
また、近年、脂質異常症(高脂血症)、高血圧などの基礎疾患を抱えた方が長時間の残業を続けた後に急死する、いわゆる「過労死」も社会問題化しています。もし従業員がこのようなことになったりすると、有為な人材を失うのみならず、遺族から損害賠償等の訴訟を起こされる可能性も生じてきます。
そうした事態を回避するためにも、産業医の役割は重要です。