各種予防接種について

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体から作製したワクチンを接種することによって特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽症で済むようにします。
当院では下記、各種予防接種を行なっております。
定期接種と任意接種があり、定期接種は定められた期間内で受ける場合は原則として無料となります。(公費負担)。任意接種の多くは有料(自己負担)となります。ワクチンによっては公費助成があります。
任意接種ワクチンの必要性は定期接種ワクチンと変わりません。

予防接種ご希望の方は事前にご連絡をお願いいたします。
小児の予防接種ご希望の方は、ご来院の際必ず母子手帳をご持参下さい。

小児予防接種

定期接種

ワクチン名 予防できる感染症
ヒブ(インフルエンザ桿菌b) ヒブ感染症
(特に細菌性髄膜炎・喉頭蓋炎)
小児用肺炎球菌 小児の肺炎球菌感染症
(細菌性髄膜炎、肺炎など)
四種混合(DPT-IPV) ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ(小児まひ、急性灰白髄炎)
三種混合(DPT) ジフテリア、百日せき、破傷風
二種混合(DT) ジフテリア、破傷風
麻疹風疹(MR) 麻しん、風しん
日本脳炎 日本脳炎
水ぼうそう 水ぼうそう
HPV 子宮頸がん

小児任意接種

ワクチン名 予防できる感染症
B型肝炎 B型肝炎
ロタウィルス ロタウイルス感染症
(ロタウイルス胃腸炎と脳炎などの重い合併症)
おたふくかぜ おたふくかぜ(ムンプス)
A型肝炎 A型肝炎

子どものワクチンについて
» 詳しくはこちら

成人予防接種

ワクチン名 予防できる感染症
インフルエンザ インフルエンザ
肺炎球菌 肺炎球菌

インフルエンザ

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる疾患です。
38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が突然現れます。
併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。
お子様では稀に急性脳症を、ご高齢者や免疫力の低下している方では肺炎を伴うなど、重症化することがあります。
そんなインフルエンザを予防する有効な方法の一つに、流行前のワクチン接種があります。
インフルエンザウイルスは毎年違う種類が流行するため、予防接種も毎年行う必要があります。
インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。
日本では、インフルエンザが例年12月~3月頃に流行することを考えると、毎年10月下旬~12月に接種するのが良いでしょう。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は日本人の死因の第3位を占めています(厚生労働省発表の平成23年調査結果)。
そんな恐ろしい肺炎を予防するためにできることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。
肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌です(成人の肺炎の20~40%がこの菌が原因と言われます)。
肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます(ただし、すべての肺炎を予防できるわけではありません)。
65歳以上の方(肺炎により亡くなる方の95%以上が、65歳以上の方というデータがあります)や慢性の持病をお持ちの方などは、肺炎球菌ワクチンの接種が推奨されています。
接種は、1年を通して、いつでも可能です。ただし、5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みなどが強く出ることがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。接種の年月日は、忘れないようにメモに残しておきましょう。

また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うことで、肺炎予防の強化につながりますので、肺炎を予防するためには、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの接種も推奨されています。

以下に該当する人は成人用肺炎球菌ワクチンの接種が奨められています。

  • 65歳以上の方
  • 養護老人ホームや長期療養施設などに居住されている方
  • 慢性の持病(呼吸器疾患(COPDなど)、糖尿病、慢性心不全、肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患)をお持ちの方 など